シャンプーやせっけんについて

日頃使っているシャンプー、これもアレルギーの子供にとってみると大敵の可能性も。市販のシャンプーには、合成界面活性剤が多く含まれ、いわば食器洗いなどで使用している洗剤のようなものです。ヒトの体内ではきちんと油が生成されるのですが、これを根こそぎ洗い落としてしまい、本来の体の機能までを低下させてしまっているのです。

特にアトピーの子供は免疫力が弱いので、市販のシャンプーは刺激が強すぎてしまいます。シャンプーや石鹸を選ぶ時には、合成界面活性剤の使用がないもの、無添加のものを選ぶと良いでしょう。

いつからかシャンプーや石鹸は汚れを落とすことに着目してしまい、洗剤のような強力な成分を使ってしまうようになりました。日常生活で付着する汚れは、水やお湯で充分落ちます。市販のシャンプーは洗浄力を重視したり、量産を重要視するが故に、日持ち、低価格での提供をしてしまうがために、人工的なものを配合せざるをえません。免疫力の高い人ならばいいですが、アトピーを持つ子供にはそれは、毒のようなものです。

シャンプーや石鹸も直接肌に触れるものなので、オーガニックや合成界面活性剤の使用がないもの選んで使用した方が、アトピーやひいては家族の将来のためにもつながります。

シャンプーやせっけんについて

かきむしりはNG

アトピーは全身、もしくは一部が痒くてたまりません。大人であれば、多少の我慢はできますが、それでもやはり痒みとの戦いです。最初のうちは痒いところを掻いて一時的におさまるのですが、悪化すると掻けばかくほど、鎮静化するどころか悪化の一途をたどってしまいます。また、痒くて勉強やスポーツなどの集中できず支障をきたしてしまいます。また、寝ている時の痒みが厄介で、無意識のうちに掻いてしまいますので、朝起きたら大変なことになっていたりします。

子供にとっての痒みは、たとえ親が掻くのをやめなさいと言ったところで無理な話ですし、言うだけかえって逆効果です。何も、わざと掻いているわけではないですし、痒くてしょうがないのです。ですので、根本的にな治療を一緒にしていく必要があります。あまりに酷いと薬で抑えることになりますが、日常生活において、食事や肌に触れるものから改善をして、できるだけ痒くならない状態にしてあげたいですね。掻き始めが肝心ですので、親も注意して観察する必要があります。血が出るほど掻き毟ってしまってからでは、治るのにも時間がかかってしまいます。後、子供の爪を清潔にできるだけ短く切ってあげること、掻く時は、爪を使わず指の腹を使うなどちょっとしたことですが、教えるととも必要ですね。

また、肌が痒くなる原因の一つには乾燥も考えられますので、お風呂上りなど肌を清潔にした後には水分が逃げないようにしっかりと保湿してあげることも大事です。
寝る前に充分に保湿してあげることで、寝ている間の掻き毟り行動を防ぐことが出来ます。大人より子供の肌は非常に敏感です。成分などをしっかりとチェックして子供の肌に合った保湿ケア用品を選ぶようにしましょう。

参考…アトピーの娘を持つ母親が開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~】

かきむしりはNG

衣服にも気を配ろう

アトピーは痒さとの戦いです。痒み止めで一時的に痒みは抑えられても、ずっと持続させるためには完治が必要です。大人でも痒み耐えるのは大変です集中もできません、子供ならなおさらです。アトピーの改善は食事、衣類など体内や対外からのケアが必要です。子供の衣服に気を使っていますか。ここを徹底するだけでも、随分と症状がやわらぎます。衣服に使われている素材の多くは、ポリエルテルのような人工的なもの。それに最近安さで勝負しているような衣服は、これがほとんどです。皮膚の強い体質なら問題ありませんが、アトピーとなると話は別です。

また冬になると、セータなど。多くは人工の毛糸。アトピーでなくても痒くなることは多々あります。ですので、衣服は選びたいですね。まずは肌触りの良いもの、肌に直接触れるものなので、できるだけ痒さを低減できるような、肌触りの物がグッドです。ツルツルやサラサラなど、指通りなめらかで、着た時に違和感がないものが良いですね。素材は綿やオーガニックがベストです。綿100%は、肌触りもよく、毛玉もできにくいのでおすすめです。高価なイメージがありますが、最近ではアトピーに限らず素材を気を使っている人も多く、取扱いも増えていますし、お手頃なものも入手できます。

衣服にも気を配ろう

アトピーの食べ物に気を付ける

子供のアトピー、治療も必要ですが親が食生活などで改善できる部分は協力したいものです。そこで今日は食事について見てみましょう。食事は体内に大きな影響を及ぼします、アトピーの子供を抱えるとなると、食には充分に気を付けたいものですし、子供ためと思っている食事も、バランスの良い、健康な食事にシフトすることで自分や家族の健康にもつながりますし、食を見直すきっかけにもなり、悪いことではないですよね。アトピーは体が燃え盛って、痒い状態です。これらの原因ともされる食事を見てみましょう。

動物性食品、牛乳、肉類、香辛料がききすぎている、油など。中にはタンパク質が含まれ体を作るために必要成分もあるので、必ずしも危険な食品ばかりではないのですが、特にアトピーの人が多く食べ過ぎてしまうと、治りが悪くなる可能性があるというものです。一方、どんな物を口にしたらよいのか。お米、麦を主食として、緑黄色野菜、小松菜、ニンジン、海藻、豆腐、魚などです。これらは日本食でよく登場するものではないでしょうか。焼き物、煮物など、和食にすることで、油の使用が減るので、アトピーの改善にはとても良いのです。

ファストフードやジャンクフードが多く出回り、また手軽に済ませることができてしまうので、どうしてもそちらに手が伸びてしまうのも分かります。徐々に、和食にシフトしていけるように家族としても協力していけるといいですね。アトピーの子供ためと限定せずに、家族の健康のためめと考えても良いかもしれません。

アトピーの食べ物に気を付ける